トップ >> 葬儀は業者に任せない

葬儀の種類に関する情報

葬儀の後の納骨について

故人の遺骨をお墓に納めるのは四十九日法要の後にすぐ行われるのが一般的です。お墓がないときには、霊園やお寺の納骨堂に一旦預けておくか、お寺や公営で営まれている納骨堂に永代納骨をすることがあります。納骨や埋葬をするには、それぞれの自治体が発行している埋葬許可証という書類が必要になります。骨壷と一緒に火葬場で白木の箱に書類を入れてある場合がよくあるため、紛失しないように注意する必要があります。葬儀を執り行なった後に納骨先を検討するときでも、霊園の区画や納骨堂の契約をすることはできます。