トップ >> 葬儀の様々なありかた

葬儀の種類に関する情報

葬儀の形式にとらわれない

葬儀には絶対に宗教者を招く必要がある、という考えにとらわれない人が増えつつあります。例えば、告別式をホテルやレストランでの会食という形式で行う場合もあります。喪服でなく平服を着用し、焼香の代わりに献花をして祭壇の遺影に添えるなど、既存の考えによらない自由な式を主催することができます。これは「自由葬」と呼ばれています。他の例では、故人の好きな曲を演奏することで手向けとする、献奏という形もあります。自由葬のメリットは、故人の要望に合わせた式を演出できることです。価値観の多様化した現代、葬儀も多様化しているのです。

葬儀を行わないという選択

葬儀を行うことに法的な義務はないので、行わないことも選択肢のひとつです。式を行わないということは、火葬のみということになります。これは「直葬」と呼ばれています。直葬を選ぶ理由として、経済的なことや、参列者を多く呼べないこと、人々の伝統行事離れなどが考えられます。確かに直葬にすれば経費の節約にはなりますが、お金はかかります。遺体の搬送や火葬の許可をとるためには専門の業者に依頼する必要があります。盛大な葬儀を行うことだけが必ずにも正しいとは限りません。各人の生き方に自由があるなら、その最期にも自由があってしかるべきです。