トップ >> 葬儀のさまざまなかたち

葬儀の種類に関する情報

家族葬の利点と欠点とは

葬儀のひとつに、親族と親しい知人のみで行う「家族葬」があります。密葬という言葉もありますが、こちらは葬式への参列者が多くなるために、まず近しい者だけで行う形式のことを指します。それに対し家族葬は、それだけで完結するために、弔問や香典の辞退を各方面にお知らせしておく必要がでてきます。家族葬という名ですが家族以外が参列できないということではなく、親しい人のみで執り行うという意味で使われています。家族葬は葬儀の人数を限定することでより静かな環境でのお別れが実現できますが、参列できなかった方への理解を求めることが必要です。

キリスト教式葬儀の流れ

日本で葬儀というと仏式が前提とされますが、ここではキリスト教の葬式を説明致します。参列者は教会に集合し、聖書を受け取って待ちます。開式になれば、牧師が聖書を朗読され、次に参列者は故人にゆかりのある聖歌を合唱します。聖書に基づく牧師の説教が終われば、献花の段になります。棺の上を飾る気持ちで、順番に花を添えていきます。最後に棺の中を祭壇にある花や故人思い出の品物で満たし、火葬場への出棺となります。宗教者の説教による鎮魂という点は仏式の葬儀と共通していますが、その他においては大きな違いが認められますね。