トップ >> 葬儀と価値観の多様化

葬儀の種類に関する情報

自然葬によって自然に還る

葬儀のあと、遺族の手元に残る形見のひとつに遺骨があります。しかし故人の希望で、それを自然に還す場合は、「自然葬」として特別な形式になります。海や山に遺灰の一部を撒くのは「散骨」、墓石の代わりに木を植えるのは「樹木葬」と呼ばれます。散骨の場合、法律で骨を2mm以下に粉砕する義務が発生しますので、専門の業者に依頼するといいでしょう。樹木葬は、その埋葬方法が許可されている墓地を探さなければなりません。自然葬を希望する方は増えていますが、まだまだ特殊な葬儀であるために周囲の同意を得ることが必要になります。

自由な葬儀と自由な個人

親族と故人の関係者を招き、お坊さんの読経を聞き、順番に焼香をあげる。これが日本における一般的な葬儀のあり方ですが、誰も彼もがこの形式にそって式を行うことはなくなりました。演奏で感謝の意を示す、海に骨を撒く、そもそも葬儀を行わないなど。単身で暮らす人が増え、少子化で子供の数が減ることで、これからはさらに多様な、形式に束縛されない最期を迎える方が多くなるのではないかと思います。自分が生まれることも、死ぬことも生涯に一度しかないのですから、その主役である人が満足できればそれでいいのではないかと思います。